チバセンジェネリック(Benazepril) 5mg

高齢の犬や猫に多い心臓病気や腎臓病気に効果のあるケアだ。

■愛犬が僧帽弁閉鎖不全症に・・・

愛犬が心臓病気の一つである僧帽弁閉鎖不全症にかかったのは、2時世前の秋。
食欲がなく元気がないのに気付き、アッという間に獣医に見せに行きました。
ミッシリ寒くなってきた年月で、陽気の変わり目にボディをくずしたことは何度もあったので、その時もそのせいだたろうと思っていました。

ただし、心臓病気の一つである僧帽弁閉鎖不全症によるという獣医から言われたのです。
心臓病気と聞いたときは、ショックで言葉を失いました。
なんでも老犬にかかることが多い病魔らしく、愛犬も13年齢だったので、かかっても不思議ではありませんでした。

獣医はあたいに言いました。それほど落胆する病魔ではないという。
相応しい薬もあるし、次第を遅らせることができるって。

■フォルテテレホンを作り方することに・・・

そうして、作り方された薬がフォルテテレホンでした。
なにせ愛犬に飲ませる薬だ。
獣医から薬に関しまして十分に概要を通じてもらい、自分でも調べました。

フォルテテレホンは、ベナゼプリル塩酸塩分を良好成分というし、
血管を出店し血の流れを促進する働きがあり、血圧を押し下げることにより心臓の不安を軽くしてもらえる薬。
こういう薬で愛犬が元気になって受け取ることを願い支出を開始しました。

フォルテテレホンを投与してアッという間に愛犬は精神を奪い返しました。
飼い主にとりまして、これ以上の満足はありません。ただ一門病状がありました。
それはフォルテテレホンの価格だ。

フォルテテレホンは、一年中服用しなければいけない高価ケアなのです。
なので、あたいを救ったのが、うさパラという自分輸入ネットでした。
病棟よりも格安でフォルテテレホンを入手することを知ったのです。

■うさパラでフォルテテレホン!チバセンジェネリックというケアも・・・

うさパラを知ったおかげで経済的な不安を減らすことができ、
一年中愛犬に無理なくフォルテテレホンを授けることができるようになりました。

うさパラでフォルテテレホン!、これが、私の中で愛犬手当の合言葉になりました。
後日、チバセンジェネリックという同成分で、どんどんリーズナブルなケアのyesも知りました。
フォルテテレホンの味覚を愛犬が気に入っているので、フォルテテレホンを加え続けていますが、チバセンジェネリックも同様の働きが得られるみたいですね。

■今でも愛犬は至極精神!

さて、愛犬は今15年齢。大変年齢はとりましたが、誠に精神だ。
今でも一年中フォルテテレホンを服用している。
いつまでも元気でいてほしい、そのままそれだけを祈っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です