リオサイトメル(Liothytomel)25mcg

筋トレ界で話題の“アナボリック”でマッチョをゲット!

■筋肉進歩は奴のトピックだ。

スマートな外見が嬉しい!筋肉があったほうが素晴らしい!
うまれつき、ずーっとこんな重荷にさらされながら生きてきました(笑)。

世間を支配するこういう絶対的道徳心!
脂肪がつきがたく、ぱっぱと筋肉進歩とれるユーザーには、まったく問題ないのでしょうけど、
身にとっては、生活における大きな障壁となって絶えず立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉進歩のためにそれこそダラダラ試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年の積み増しといった探査の結果、グループだけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい日にちが加わり、増強した筋肉が落ちるのは一時」という想定的発言(笑)。

あれ?なんか変だな。
一段とシレッとした形相で、筋肉進歩やるユーザーはいっぱいいるのに、どうして私だけ貧弱のか?

こういう長年の問に、いよいよ痺れを切らした身は、その人(筋肉進歩保全のお兄さん)に突入で聞いてみたのです。
そうして、その筋肉進歩法を実践してみようと思っています。
今回は、そのエリアをこういうウェブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉進歩法、その答申は「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聴きなれない文句ですよね。
私も?でした。そこで受け売りですが、書いておきます。

「アナボリック」は?
—————————————————-
筋肉組合などの臓器たんぱく質結合の膨張や、
赤血球創出膨張衝撃のあるたんぱく同化衝撃の実態。
貧血の改修やカルシウムの便通を燃やす働きがある他、
筋肉増加を導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉進歩剤として世界中で使用されている。
—————————————————-

そんなに、アナボリックは筋肉進歩をもたらす衝撃に関して、
中でもアナボリックステロイド(筋肉進歩剤)は、
マッチョの世界ではメジャーな側なんだとか。

も、気になるのは、前もってリアクションですよね。
お兄さんいわく、確かにリアクションはあるけれども、
それをサポートするクリーニング剤(クロミッドなど)をとっくり併用すれば、どうしても大きな問題はないらしきのです。

また、物品についても、先発品ではなく同もとの後発一品が良いとのこと。
なので、私もすばらしくわからなかったので、注目の総出について教えていただきました。

■注目の筋肉進歩!アナボリックステロイド!

●オキシポロン(先発一品アナドロール)
内包もとは「オキシメトロン」、リアクションのおばさん化が少なく男性に推奨とのこと。

●メダナボル(先発一品ダイアナボル)
内包もとは「メタンジエノン」、世界でとにかく名物があり皆に愛用されているらしい。夫仕様。

●アナドリン(先発一品アナバー)
内包もとは「オキサンドロロン」、リアクションの確率が薄く、新人や女性の方に推奨。

●ウィンゾロン(先発一品ウインストロル)
内包もとは「スタノゾロール」、アンドロゲン(夫化)衝撃が少なく女性の方に向いているらしき。

また、ステロイドに抵抗があるユーザーは、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。

■非ステロイド薬でアナボリックを協力!

●スピロテロール
内包もとは「クレンブテロール塩酸塩分」、筋肉を維持したままで脂肪を落としてくれるらしき。

●リオサイトメル
内包もとは「リオチロニンナトリウム」、新陳代謝を高めて得るらしき。

その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といったサプリでニュアンスをみても良いとおっしゃっていました。

お兄ちゃん、有難う!

ここまで教えていただければ、あとは応用居残るのみ。
アナボリックを制して、筋肉進歩の針路へゴー!

今から、どうなるかほんとに楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です