スパトライアスロン再来 SAIRAI への想い

「デルタ」株の次は「オミクロン」。年をまたいでも自然環境破壊の結末は恐ろしいほどのスピードで人間社会に襲いかかってきます。もうあのような自然の恵みにあふれて3世代仲良く平和に暮らす生活様式は来ないかと思うほどです。私どもは10年ほど前、全国の温泉地を中心に健康的で明るく、日本古来の観光資源である「温泉」を使って「スパトライアスロン」という競技を公益財団法人日本トライアスロン連合の傘下団体として競技大会を行っておりました。北は北海道の登別温泉大会から南は鹿児島の指宿温泉大会まで約3年半で17回の大会を開催して称賛を得て参りました。各地で開かれている「マラソン大会」との差別化を図り、必ずその大会開催地に宿泊滞在して参加するという開催地地元の魅力を体験することも喜ばれて成功した要因のひとつでした。その「スパトライアスロン」が約10年の時を超え、国のスポーツ習慣化という施策のもと、新しい要素も取り入れ生まれ変わり再誕生します。国のスポーツ習慣化奨励で、特に日頃スポーツを好まない人たちにも誰でも楽しく目的をもって出来る振興策のひとつとして将来の医療費削減をもゴールのひとつとしています。生まれ変わった新しい「スパトライアスロン」は ①コロナ等の感染症予防にもなる免疫力アップとスポーツ交流によるメンタル力アップを目的とする。 ②コロナ禍で失いかけた3世代の絆のつながりを深める。 ③世の中のグローバル化が進み、 忘れかけた日本国内の地元の魅力を再発見して改めて日本人だけでなく、世界の人々へ日本の魅力を伝えていく。 ④SDGsをスローガンに新しい形の経済活性化を推奨していく。 私どもは最終的に健康を維持し疾病を予防し、旧来社会の良い部分を再発見することを目的として再来というワードを大事にして大会運営を目指して参ります。
2022年3月
考案者 井上康治
再来 SAIRAI とは
コロナ禍のこの2年間で失ったもの、気付いたものをアフターコロナ危機に向けて取り戻すさまざまな事象を「再来 SAIRAI」と位置付ける。「再来 SAIRAI」は、コロナ禍前への回帰と現代社会に必要なものの復活を意味する。
我々が目指す具体的な内容は以下の4つである。
  1. 気軽に誰もが参加できるスポーツの提供
  2. 地域の魅力発信によるインバウンドを含めた観光事業の復活
  3. 3世代をターゲットとした統一ブランドエシカルファッションの提供
  4. 上記を通して家族間・地域間・諸外国との繋がり
スパトライアスロンが生まれたのは約10年前、全国の温泉地を活用した新しいトライアスロンのカタチとして、日本トライアスロン連合の傘下でスタートしました。北は北海道から南は鹿児島まで、約3年半で合計17回開催。
  1. 心の癒し:温泉、日本各地の自然風土に触れる
  2. スポーツと健康習慣:楽しみながら気軽に参加できる新しいトライアスロンのカタチ。
    これをキッカケに日常でもスポーツを
  3. 人と人のつながり:日本中から1ヶ所に集まり出会い、今ここにしかないリアルの体験と交流をする。
    子供からお年寄りまで3世代が同じ目線で参加できるイベント
  4. 日本地方の美しさ再発見:地元の観光資源、自然を大会に取り入れて経済の活性化に貢献
SWIM スイム
SWIM スイム
BIKE 自転車
BIKE 自転車
RUN ラン
RUN ラン
COMPANION 伴走
COMPANION 伴走
WHEELCHAIR 車イス
WHEELCHAIR 車イス
PET ペット
PET ペット
WALK 歩き
WALK 歩き
ASHIYU 足湯
ASHIYU 足湯